トップ > 【通販】鉄板ナポリタンは名古屋と横浜とでは呼び方が違う!?もちもち太麺の冷凍食品 >

【通販】鉄板ナポリタンは名古屋と横浜とでは呼び方が違う!?もちもち太麺の冷凍食品

鉄板ナポリタンは名古屋のご当地グルメとして人気ですが、ナポリタン発祥の地は横浜であることをご存知ですか?どちらも甲乙つけがたい洋食屋さんの味ですので、それぞれの良さを知っていただけると嬉しく思います。

こちらでは、もちもち太麺が美味しい名古屋の鉄板ナポリタンに欠かせないものをご紹介いたします。また、名古屋と横浜とで異なる呼び方についてもまとめていますので、こちらもご覧ください。昭和ミート株式会社は通販を通じて、食による町おこし活動を応援しています。

名古屋の鉄板ナポリタンに欠かせないもの

鉄皿

名古屋のご当地グルメとして人気の鉄板ナポリタンに欠かせないものは、鉄皿と卵、そしてもちもち食感の太麺です。

鉄皿と卵

一般的なナポリタンと名古屋の鉄板ナポリタンの違いは、熱々の鉄皿に乗っているかどうかというところにあります。そして、溶き卵が流し入れられているかも大きな違いの一つです。調理した太麺のナポリタンを熱した鉄皿に盛り上げ、鉄皿のふちから溶き卵を流し入れることで、最後まで熱々の状態で美味しくいただけます。

もちもち食感の太麺

家庭でも食べられているナポリタンは、紐状の麺を意味するスパゲッティーを使いますが、名古屋の鉄板ナポリタンはほとんどが太麺です。もっちりとした食感の太麺は、味付けの決め手となるケチャップがよくからみます。

太麺の鉄板ナポリタンは名古屋と横浜とでは呼び方が違う!

びっくりマークと人差し指

名古屋編

熱々の鉄皿の上にナポリタンを盛り、ふちから溶き卵を流し込んだ鉄板ナポリタンは、名古屋では主に「鉄板イタリアン」と呼ぶことが多いです。

他にも、「イタスパ」だったり「板スパ」だったり、ユニークな食文化が発展している名古屋ならではの呼び方で愛されています。少し半熟の卵と濃い味のついた太麺をからめて食べると絶品です。

横浜編

横浜は発祥の地だけに、ケチャップやトマトソースで味付けしたスパゲッティーを「ナポリタン」と呼んでいます。始まりは1927年、横浜の老舗ホテル「ホテルニューグランド」と言われています。

当時、米兵の粗食を見かねた総料理長が、フレッシュなトマトでオリジナルソースを考案したのがきっかけ。このメニューは今も食べられているそうです。

私たちが知っている定番のケチャップ味に戻るのは、1946年創業の老舗洋食屋「センターグリル」でした。お店でケチャップ味の太麺ナポリタンを提供して以来、ずっと同じレシピで提供しています。

こだわりのボルカノ2.2mmの乾麺を使用し、あらかじめ茹でておいた麺と具材を大量のケチャップでじっくり焼き上げることでトマトの酸味を飛ばして、甘くコクのある味わいに仕上げています。

通販で冷凍調理麺を提供している昭和ミート株式会社は、街の洋食屋さんセンターグリル監修の「元祖ケチャップ味 横濱ナポリタン」を扱っています。

お届けするナポリタンは太麺とソースを混ぜ合わすのではなく、大型回転釜で一気に焼き上げたいわゆる鉄板焼きナポリタンです。鉄板ナポリタンの美味しさをそのままに、冷凍調理麺として、通販で日本全国へ提供いたします。

名古屋の味と横浜の味を通販でお届けします

昭和ミート株式会社では、通販で名古屋の洋食屋さんの味と横浜の洋食屋さんの味を扱っています。名古屋と横浜、それぞれの名店の作り方に倣い、敬意をもって味を再現しました。

名店の味を楽しみたい方は、ぜひ通販でお取り寄せください。

冷凍鉄板ナポリタンの通販を利用するなら昭和ミート株式会社

会社名 昭和ミート株式会社
代表者
  • 代表取締役会長 佐瀬 公夫
  • 代表取締役社長 知野 礼助
設立 昭和56年4月30日
資本金 1,600万円
住所 〒425-0063 静岡県焼津市本中根689−1
TEL 054-656-2431
FAX 054-656-2432
URL http://showameat.jp/
従業員数 48名(平成29年4月現在)
事業内容 冷凍調理麺製造業
取引銀行 静岡銀行
関連会社
昭和ミート鞄。枝 設立 平成16年12月1日
代表取締役 望月 保雄(会長)、稲泉 正(社長)
住所:〒426-0001 静岡県藤枝市仮宿1460−1
//